News Feed

OMSのBCシステム

OMSのBCシステムは、日本では一般的なジャケットタイプのBCDとは異なるバックフロートタイプのBCDです!

ジャケットタイプのBCDは、水面で上半身をおこした状態の保持が楽なことが利点の1つです。

バックフロートタイプのBCDは、水中でのトリム(水平)姿勢の保持が楽なことが利点の1つ。

ジャケットタイプとは違い、股バンド(クロッチベルト)のサイズをしっかり調整することが重要です。股バンドがゆるいと、水面や水中で、背中に装備されているウィング(空気袋)が頭上方向に持ち上がり意図せず前のめりになってしまいます。

スマートストリームハーネス パーツ類

同じスマートストリームハーネスを使っているダイバー同士でも、Dリングの位置や股バンドや脇ベルトの長さ等をキチンと調整していると別のダイバーが使用したときに、位置や長さがしっくりこなくて水中では不快に感じてしまうこともあるかもしれません。

それはたとえ自分のBCDでも、ご自身の体のサイズへ正しく調整されていない場合も同じことが言えます。正しい調整をすることで、スマートストリームハーネスの利点を大きく感じていただくことができるはずです。

スマートストリームハーネスとパフォーマンスダブル

ウィングと呼ばれる空気袋には、様々な形や大きさがあり、ご使用いただく環境や用途に合わせて使い分けが可能です。

スマートストリームハーネスはそのままで、ウィングをシングル用やダブル用、テクニカル用と別々に用意しておけば、その使いみちは無限に広がります!

正しい調整や、正しい使い方は、経験豊富で専門知識のあるダイビングショップ、インストラクターからお買い求めください。あなたが感じるダイビングの楽しみ方を、更に快適にかつカッコいいものにしてくれるはずです!

OMSのBCDで、さらに快適な水中世界を!

Read More OMS BCシステム, BCD, OMS, ダイビング器材, テクニカルダイビング器材 OMS JAPAN

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事も読まれています。