News Feed

様々な種類のハーネス

OMSのBCDには、ソフトハーネスとバックプレート付ハーネスと大きく分けて2種類のハーネス(体に密着しているベルト部分)があります。

ソフトハーネスであるIQライトCBは、その名の通りソフトな素材で作られているハーネスです。シリンダーを装備する背中部分もソフトな素材なので、シリンダーをセッティングするときはシリンダーベルトを使いハーネスとウィング(浮力袋)を重ねて装備します。

IQライトCB

仕様としては、日本では一般的なジャケットタイプのBCDと同じような仕様。胸部分で留めるストラップ、腰部分にはマジックテープで左右をとめ、上からバックルでおさえます。脇のベルトはシリンダーを背負ったあとに調整もできますし、バックルをはずして脱着も可能。肩ベルトについたDリングは縫い付けとなりますが、腰ベルトにはポケット等を付けたり外したりカスタマイズができます。

その反面、バックプレート付ハーネスのスマートストリームハーネスは、背中の部分が硬いプレート仕様。

ステンレスとアルミニウムの2種類素材

プレートの素材はステンレスとアルミニウムの2種類。ステンレスは2.2kg、アルミニウムな770gのプレート。上半身側にウエイトを持ってきたいダイバーは、ステンレスで潜るとバランスが良いかもしれませんね。

プレート自体が硬いため、硬いシリンダーに装備しようとすると硬い同士なのでベルトではしっかり装備ができません。プレート付ハーネスには必須のスタンダードシングルタンクアダプターを使って装備します。

スタンダードシングルタンクアダプター装備済み

スタンダードシングルタンクアダプターと、プレート付ハーネスの間にウィングをはさんで、装備します。そのあとシリンダーを装備することで、快適な水中が!

BCDと一言で言っても、それぞれの装備の仕方や使い方があります。正しく装備し、正しい使用、お手入れしていただくことでより快適に楽しい水中を過ごしていただけます!

シングル仕様で潜るダイバー

気になる方は正規ディーラーまで!

Read More OMS BCシステム, BCD, OMS, ダイビングメーカー, ダイビング器材, テクニカルダイビング器材 OMS JAPAN

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    この記事も読まれています。