News Feed

OMS JAPANとは…

4月になりましたね!

新しい生活がはじまり戸惑いや不安な気持ちと一緒に、これから先の夢や希望にあふれ明るい未来を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

OMSがメーカーとして日本へ入ってきたのはずいぶんと前になりますが、今現在のOMS JAPANスタッフの体制になり1年とちょっとが経ちました。

昨年はコロナウィルスの影響で思うような動きができなかった方々も多いと思います。

私たちも今年、更に皆様にOMS器材のメリットを感じていただき、より多くの方にOMS器材を知っていただけるよう情報発信等していこうと思っております!

現在、OMS JAPANスタッフは男女全員テクニカルダイビングインストラクターです。

毎週のようにOMS器材を使用してのダイビングを行っております。
一般的な日本のダイビング環境から水深50m以深でのディープダイビング、沈没船の内部へ侵入するレックペネトレーションダイビング、洞窟内への侵入するケーブダイビングなどでも使用し、環境や状況に合わせた器材の使用方法をお伝えしております。

私たちが実際に使い、感じて、本当に良いと思ったことや改善したいところを皆様に知っていただき、全てのユーザー様が快適かつ楽しく、もちろん安全も確保したうえで、OMS器材と共にワクワクするダイビングを続けていただければと思っております。

 

実際に使用し、ダイビングを行っているからこそお伝えできる情報や使用感等もあるはずです。

正規ディーラーの店舗様には、いつでもお問い合わせいただき、商品の詳細等お伝えさせていただきますので、OMS器材ユーザーのお客様も、疑問があった際にはいつでも正規ディーラー店舗様のプロフェッショナルスタッフの方々にアドバイスを聞いてみてください。

そして、プロフェッショナルスタッフの方の適切なアドバイスの元、ぜひOMSのBCDを試してみてください。

体格や身長等、ダイバーひとりひとりの体にぴったりフィットさせ、水中を潜ってみてください。

器材に体を合わせるのではなく、ご自身の体に器材を合わせることで、今までにないご自身オリジナルの手放せないBCDを手に入れてください。

「OMSの器材で、いいです」ではなく「OMSの器材が、いいです」と思えるようなダイビングができれば、水中世界の見え方が今までとは変わってくるかもしれません。

 

あなたのダイビングの夢を叶えるための相棒に、ぜひOMSのBCDを!

Read More ニュース, OMS, ダイビングメーカー, ダイビング器材, テクニカルダイビング器材 OMS JAPAN

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    この記事も読まれています。