News Feed

OMSはテクニカル専用器材ではありません!

OMSのBCDはバックフロートタイプ。その名の通り背中側のみに浮力体があるBCDなので、水平なトリム姿勢を楽に保つことができます。

とはいえ、ただバックフロートタイプのBCDを使えば誰でも快適なトリムを保てるわけではありません。

その器材を正しくサイズ調整し、セッティングをし、ウエイトやシリンダーの位置を調整することが重要です。

スマートストリームハーネスとパフォーマンスダブル

適切で正しいサイズの調整には、もしかしたらとても時間のかかるものかもしれません。正しい知識と経験豊富なダイビングスタッフに、きちんとアドバイスをもらいながら器材を調整しましょう。サイズ調整の時間がぐっと短くなり、正しく体に合わせることで快適な水中を得られるはずです。

ダイビングの経験が少ないからと、OMS器材を揃えることに物怖じする必要はありません。

OMSのBCDは、テクニカルダイビングまで対応ができる器材ですが、テクニカル専用、プロフェッショナル専用、経験豊富なダイバー専用の器材ではありません。

経験やランクを問わず、どんなダイバーにでも快適に使っていただくことのできる器材です。

世界中で多くのダイバーがOMSの器材を愛用しています(^∇^)

日本ではなかなか主流になっていないタイプの器材ですが、まずはその魅力をお試しください。

詳しくは、OMS JAPAN正規ディーラーまで!https://omsdive.jp/正規ディーラー/

Read More OMS BCシステム, BCD, OMS, ダイビングメーカー, ダイビング器材, テクニカルダイビング器材 OMS JAPAN

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事も読まれています。