News Feed

ダイバーがパンデミックから生き残るためのガイド

アメリカでの記事になりますが、島国日本でも当てはまることです。すでにコロナ禍で、ダイバーのスタイルも変化していると思いますが、これからダイビング活動を再開したいダイバーのみなさんヒントがあるかもしれませんね。

寄稿: Aziz Khan “Sinbad”

私たちは、進化するパンデミックの時代のダイバーです。世界が変わり、それに合わせて私たちも変化しています。かつては南国のバカンスを楽しむための産業でしたが、航空会社が止まり、国境が閉鎖され、海外旅行が凍結されました。

それでも、アメリカはこれほど大きな打撃を受けることはなかったはずです。何しろ、260万人のダイバーが活躍し、95,000マイル以上の海岸線に地理的に囲まれた国なのだから、これほどの影響があるはずがないだろう。それでも、地元のダイビング産業は打撃を受けた。

Covid以前は、ダイビングのマーケティングに欠陥があったのです。スクーバダイビングの雑誌を手に取ると、私たちは皆、遠く離れたトロピカルな目的地に飛んでいこうとしていると思われています。宣伝されている器材や、紹介されている場所から、私たちはダイビングは遠いもの、高価なもの、そして100フィート(約15メートル)の視界にあるものだと想像していたのです。確かに、Covidは私たちの多くからそれを奪ったが、それでも95,000マイルの海岸線があったのだ! では、どうなったのか?

どうしようもない楽観主義者である私は、Covidが私たちに教えようとしたことがあると心から信じています。現時点では、これらの教訓を教える正式なコースや出版物、ウェビナーはありませんが、もし逆境そのものを先生として受け入れるとしたら、次の5つの教訓になるでしょう。

1. ドライスーツを購入する
アメリカだけでも95,000マイル以上の海岸線があり、その海岸線は本当に見る価値があります。巨大なケルプの森、オオカミウナギ、カワウソなど、熱帯のダイバーを逃がしてきた生き物が生息しています。内陸のダイバーにとっては、数え切れないほどの採石場や湖があります。しかし、これらの素晴らしい場所を快適に探索するためには、まずドライスーツに投資する必要があります。

良いドライスーツは、海外旅行と同じぐらいの費用で手に入りますが、その投資によって、より頻繁に、より近くで、より多くのダイビングをすることができるようになるかもしれません。ウェットスーツダイバーにとって、ダイビングは休暇のようなものですが、ドライスーツダイバーにとっては、ライフスタイルのようなものなのです。

2. 長期的なトレーニングに投資する
私が受けたコースの中で、最も長く、最も充実していたのが、TDIテクニカルダイビング入門です。このコースが終了する頃には、私の熟練度は別次元に達していました。地元の採石場で何日もかけて行ったトレーニングは、私がこれまで経験した中で最も充実したダイビングの一つです。ダイビングの目的は、何かを見ることではなく、何かに「なる」ことであることが多いのです。

3. より高度なトレーニングの追求
チャーターボートの運行が停止したとき、私たちは皆、世界が元に戻るのを待ちました。ケーブダイバーはまだ潜っていました。他のテクニカルダイバーや上級スポーツダイバーもまだ潜っていました。そんなとき、ボートで移動する必要のないダイビングは、ダイバーを水中にとどめておくことができたのです。Covidは、私に洞窟ダイバーになりたいと思わせてくれた。

4. ショアダイブ(ビーチダイビング)
95,000マイルの海岸線と多くの淡水域があることから、五大湖やニューイングランドの海岸、フロリダ、西海岸、その間にある多くの鉱山や採石場など、非常に多くのショアダイビングが存在することがわかりました。これらのダイビングスポットを完全に探索するには、一生かかっても足りないほどだ。 難破船やサンゴ礁、失われた町など、次のトロピカルな冒険を求めるあまり忘れ去られていたものがあり、Covidがなかったら、それらを知ることはなかったかもしれません。海岸から泳いで出ることはほとんど誰でもできるが、同じ場所に安全に戻るにはある程度のトレーニングが必要で、SDIショア&ビーチダイビングスペシャリティでその場所のインストラクターと一緒に始めるのが良い方法かもしれない。

5. ダイビングをする場所でキャンプをする
ホテル産業が徐々に回復しつつある一方で、コビドでは多くの人が良いテントの価値と外で寝ることの楽しさを学びました。安くて簡単、そして95,000マイルの海岸線に恵まれたアメリカでは、多くの素晴らしいダイビングの機会が、あえて快適なホテルの部屋から出た人にしか与えられないのです。

6. ソロダイバーコースを取る
私は、これが世間的に正しい提案でなかった頃を覚えています。その後、特定の安全手順が開発され、SDIソロダイバーコースは、ソロダイビングに関連するリスクを軽減するためにダイバーをトレーニングしました。世界は新しい世間的正しさを学んでいる最中ですが、私はあえて、ソロダイバートレーニングは、パンデミックでは、より理にかなっていると提案したいです。

世界中が学び直しをしている最中で、まだすべての教訓が定式化されているわけではありません。しかし、この奇妙な時代のさまざまな人々の経験の断片を集め、彼らがダイバーであり続けるために何をしたかを知ることができれば、パンデミックは私たちの足元にあった多くの可能性に目を開かせ、ただ見ることができなかったことを知ることができるだろう。

私たちは、水平線を見つめることで精一杯だったのです。

Read More SDI Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    この記事も読まれています。

    Generated by Feedzy