News Feed

You’ve come a long way baby: トム・マウントが語るテクノロジー


Photo courtesy of aquaCORPS archives

テクニカルダイビング界のレジェンド テクニカル教育機関IANTD創設者トムマウントさんが83歳で2022年1月に死去されました。
tdisdi.comに掲載されたトムマウントさんの記事を追悼の気持ちを込めてこちらに掲載します。
ご冥福をお祈りします。

(注)27年前の当時のイメージして読んでみてください。1995年のトム・マウント氏へのインタビューから当時のアメリカのテクニカルダイビングの歴史のぞいてみましょう。

You’ve come a long way baby: トム・マウントが語るテクノロジー
By Michael Menduno

テクニカルダイビングがスポーツダイビングの狂人集団とみなされていたのは、それほど昔のことではありません。サポートするインフラや一貫した基準がないため、「何をするつもりだ」と権力者たちに動揺の波が押し寄せたのです。
トム・マウントの登場である。
56歳の元米国人である彼は、5年足らずの間に、このプロジェクトに参加した。元米国海軍ダイバー、NOAAアクアノート、YMCAトレーニングディレクター、ダイビング「スーパー」、ショップオーナー、武道インストラクター、そしてテクニカルトレーニングのお手本とされるNACD(National Association for Cave Diving)の古参の1人である彼は、わずか5年の間に世界最大のテクニカルダイビング教育機関を作り、12カ国以上の「ビッグネーム」を「I-A-N-T-D」( International Association of Nitrox and Technical Divers)というバナーのもとに集結させているのである。エゴが絡んでいることを考えれば、決して小さなことではありません。
マウント氏のリーダーシップのもと、IANTDはテクニカルダイビングコースとトレーニングスタンダードを構築し、深度を補償する保険プログラムを確立し、少なくとも1つの他の機関から独立させ、すべて無事に1万人以上のダイバーの認定を行いました。インフラストラクチャー、ここにあり。
瞑想的なマウントは、水中で過ごす時間を大切にすることで、インストラクターの手本となるべく時間を見つけている。現役のインストラクターが語る。


Photo courtesy of aquaCORPS archives

Q: テクニカルダイバーは何人くらいいるのですか?
テクニカルダイバーの数を定義するのは難しいです。なぜなら、一度もトレーニングを受けたことのないダイバーがテクニカルダイビングをしていることが多いからです。テクニカルダイバーが問題を起こしたという報告を受けて、その人が実はテクニカルダイバーではなく、深度制限を超えただけだったということがわかったりします。大きな違いです。
訓練されたテクニカルダイバーの数は?数千人です。大した数ではありません。それから、NACDとNSS-CDSを通じて長年にわたって洞窟の認定を受けている人が3、4千人います。テクニカルダイビングのナイトロックスを含めると、その数はかなり多くなります。IANTDだけでも1万人を超えるダイバーが認定されていますし、ANDI(American Nitrox Divers Inc)とTDI(Technical Diving Int’l) でも8,000人を超えているので、少なくとも18~20万人はナイトロックスの認定を受けていることになります。それ以外にも、他の国で何年もテクニカルダイビングを続けている人が大勢います。

テクニカルダイビングは一大勢力となっているのですか?
誰も指摘しないことですが、テクニカルダイバーは、わざわざこのトレーニングを受けているのであって、年に12回潜るような週末戦士ダイバーではない、ということが重要なのです。この人たちは本当によく海に潜るんです。平均的なテクニカルダイバーは、1年に50本から200本のダイビングをこなします。
平均的なレクリエーションダイブを考えてみましょう。20分くらいでしょうか。減圧を含めると、テクニカルダイビングの平均は90分くらいでしょうか。つまり、水の中にいる時間はもっと長いのです。彼らは、ダイビングをするために地球の裏側まで旅をしているのです。やりたいことをやるために、大変な努力をしているのです。

テクニカル層はどうでしょうか?
当社の記録によると、テクニカルダイバーの平均年齢は約35歳です。理由はいくつかあると思います。まず、35歳にならないと、機材や運搬用のトラックなど、すべてのゴミを買う余裕がないのでしょう。これらは一緒です。テクニカルダイビングはまだレクリエーションなので、趣味に多くの投資をしている人たちを見ていると思います。そういう人たちは、常にお金を使いながら、最新の情報にアンテナを張っているんです。ここで少し補足します。新しいガジェットが出たから、それを買いに行くということではありません。そうではありません。でも、本当に安全に役立つものが出てきたら、たいていそれを買って、後で帳尻を合わせるんです。

テクニカルダイビングは、長い道のりを歩んできましたか?
数年前までは、ダイビングの話題といえば、押し入れの中の話でした。最初に受け入れられた洞窟ダイビングでさえ、それをやっている人は精神異常者と見なされていたのです。私たちは何年も展示会に参加していましたが、人々は私たちを避けるように部屋の反対側へ歩いて行きました。そして、DEMAが1992年のショーで私たちがブースを持つことを禁止しようとし、私たちとナイトロックスを扱うことについての警告を流したのは覚えていらっしゃるでしょう。それが3年前のことです。
今年、私たちはDEMAのチャーターメンバーとして投票に参加しました。これは、態度としてはかなり大きな一歩だったと思います。さらに、92年当時の最大の敵であったメーカーを含む少なくとも3社が、ナイトロックス・レギュレーターやディープダイビング機器について、私たちに話を持ちかけてきているのです。
テクニカルダイビングは今、受け入れられ、広がり始めています。スキーや登山と同じように、カジュアルなテクニカルダイバー、本格的なテクニカルダイバー、そして限界に挑戦するダイバーが存在する地点に近づきつつあるのです。テクニカルダイビングの世界では、すべての人に居場所があるのです。

スキンダイバーマガジンからまだ非難を受けているのですか?
少し前にパティ(マウント)と私は、ビル・グリーソン(SDM編集者)と1時間半ほど話をしましたが、彼は断固としてテクニカル・ダイビングに反対しています。ビルはジャージーの沈船ダイバーなので、私はいつも困惑していました。彼はディープダイバーで、私も一緒に深く潜ったことがあるからだ。
ビルはトレーニングについて心配しています。今、彼らはトレーニングが責任を持って行われ、成果を上げていることを実感していると思います。彼はもうひとつ指摘しています。チャーターボートのキャプテンの間で、今、意識が高まっているんだ。行きたい人をただ連れて行くのではなく、”本当に資格があるのか?”と聞くようになったのです。それ自体が事故の数を減らすことになるのですが、事故がなくなるわけではありません。
死者をなくすことはできないでしょう。レクリエーショナルダイビングの事故はなくならないし、テクニカルダイビングの事故もなくなることはないでしょう。しかし、ただ海に飛び込むだけでなく、自分が何をしているかを教育することで、生存確率を向上させることは可能です。

だから、テクニカルダイビングが受け入れられているのでしょうか?
テクニカルダイビングが受け入れられている理由の多くは、そのリスクについて人々に教育しているからだと思います。アクアコープスは、ダイビングとその必要性について人々に認識させ、人々に話をすることで、その受容に大きく貢献してきたと思います。アクアコープスは、ダイビングが長い間行われてきたものであり、新しいものではない、という事実を教えてくれました。私は1962年に海軍を退役したときにディープダイビングを始めましたが、自分が本当のパイオニアだと自負していました。しかしアンドレア・ドリア号に乗り込んだり、深度75mや80mの洞窟で作業している人たちを発見してショックを受けました。彼らは口先だけでなく、実際にやっていたのです。それにはリスクもありました。
数年前にトライミックスが物議をかもしたように、人々は長い間、深度60m以上の深さに空気で潜ってきました。今と違うのは、他のガスを使うことで、ナルコシスや酸素への曝露をコントロールし、減圧の安全性を高める根拠を持っていることです。リスクやガスの種類を絞り込むことで、受け入れられやすくなったのではないでしょうか。

主要なダイビング教育機関は、”テクニカルダイビングを大衆に普及させない “という声明を何度か出しています。それについてどうお考えですか?
テクニカルダイビングを普及させなければ、誰もトレーニングを受けられないからです。もしトレーニングされなければ、過去に人を殺したのと同じ過ちを犯すことになるでしょう。ですから、人をトレーニングする能力がありながら、それを利用できないのは、まったく無責任なことだと私は思います。
私たちは、インストラクター・プログラムの中で、テクニカル・ダイビングの責任ある宣伝の仕方を教えています。私たちは、誰もがテクニカルダイバーになるべきだとは言いません。そうではありません。私たちは、トレーニングが可能であることを宣伝しているのです。もし誰かがトレーニングをしたいのであれば、そのトレーニングプログラムに参加するために必要な前提条件が必要です。私は、それが無責任だとは思いません。
それよりも、「誰でもダイビングができる」と主張するほうがよほど無責任です。ダイビングは100%安全です “と言う方がよっぽど無責任だと思います。心理的、生理的に適応できない人はたくさんいます。特に、テクニカルダイビングの場合。

特にトライミックスダイビングはそうです。
私たちが始めた頃は、トライミックスについて多くの懸念がありました。実際、ビリー・ディーンズと私、そして他の多くの人が、2年間この問題について話し合いました。「誰かをトライミックスダイバーとして認定する責任を、私たちは本当に負いたいのだろうか?トライミックス講習はたくさん行われていましたが、実際に「あなたは認定トライミックスダイバーです」とは誰も言わなかったのです。
当時はまだ保険もなく、存在しなかったのです。結局、私たちはトレーニングプログラムと基準を開発しました。

IANTDの安全記録についてはどうですか?
IANTDでは、テクニカルダイビングのトレーニング事故がまだ一度も起き ていないので、非常に満足しています。しかし、十分な人数をトレーニングしていれば、いずれは起こることです。「リスクはリスク」ということわざがあるように。いつかは事故が起こるリスクをはらんでいます。
[注:本稿執筆直前(1995年5月)にIANTDのトレーニングコースで死亡事故が発生しました。これは、テクニカルダイビングのトレーニングコースで発生した最初の死亡事故である。事故の詳細な分析はaquaCORPS N11で報告されている]。

経験上、テクニカルダイビングでトラブルになるのはどのような場合ですか?
トラブルに巻き込まれる原因は2つあると思います。一番は、自信過剰や過信です。人は怠惰になるものです。自分がやっていることに慣れすぎて、余計なことをしなくなるんです。航空業界のパイロットにも同じことが言えます。
もうひとつは、私たちは皆、たとえ謙虚で、それなりの度量があったとしても、少しはエゴを持っているということです。エゴがなければ、このようなダイビングをすることはないでしょうし、それをする自信もないでしょうから。自分の限界を超えたとわかっていても、そのチャレンジに応えなければならないとエゴが思う。それが、多くの人を悩ませるのです。

あなたはtek.Conferenceで、すべてのテクニカルダイビング教育機関が集まって、レクリエーショナル・スクーバ・トレーニング委員会(RSTC)に相当するテクニカルの基準のトレーニングに合意するつもりであると発表されましたが、これはどのようなものですか?その後どうなったのでしょうか?
私はBret(TDI創設者)とEd(ANDI創設者)にそれを提案し、彼らも賛同してくれました。私たちはtekに腰を据える準備ができていたのです。DEMAに行く準備もできていました。私たちはそのために両手を広げ、誰もがそれを行うつもりであると声高に主張しましたが、誰も現れませんでした。

一貫した基準の設定は必要でしょうか?
必要不可欠なものだと思います。良いインストラクターは良いインストラクター、悪いインストラクターは悪いインストラクターというように、常に存在するものなのです。しかし、少なくとも遵守しなければならない基準があれば、そうでない場合よりも優れたインストラクターにならざるを得なくなります。それが、私たちがRSTCに期待していることです。私たちは、いつでも話し合いの場を持つ準備ができていますし、そのことを強く意識しています。

リブリーザー・ダイビングの今後の展開についてはどう思われますか?
リブリーザーは、レクリエーション産業の中で非常に有効な存在になると思います。オープンサーキットに取って代わるとは思いませんが、この市場の非常に大きな部分を占めるようになると思います。ダイビングの世界では明確な位置を占めていると思いますし、ダイバーにとって非常に大きなメリットがあると思います。しかし、使用するためには、より多くの規律と監督が必要であり、非常に責任あるトレーニングが必要であることは間違いありません。今、私たちが直面している問題は、本当に資格のあるインストラクターを集めることで、それは難しいでしょう。
私たちの中にはリブリーザーの経験がある者もいますし、元軍人ダイバーでリブリーザーを教えることができる者も少なくありません。それ以外のレクリエーション・ダイビング業界では、資格を持っている人はほとんどいません。このままでは、インストラクターになるしかないという風潮になりかねません。”まあ、ジョーはいいインストラクターだよ。年間500人のダイバーを指導している。彼をリブリーザーのインストラクターにしよう”。彼はリブリーザーやリブリーザーのリスクについて熟知しているかもしれませんし、そうでないかもしれません。それが問題なのです。もし人々がリブリーザーダイビングを始めようとするならば、インストラクターを作り、トレーニングを受けさせることが急がれます。しかし、非常に厳選されたプログラムでなければなりません。

エンドユーザーのトレーニングについてはいかがでしょうか?
リブリーザーには多くの利点がありますが、同時に多くの責任も伴います。トレーニングは本当に一流でなければなりません。私の大きな関心事のひとつは、レクリエーションダイバーがケイマンでウォールダイブをするときに圧力計を見ず、空気がなくなってしまった場合のトレーニングです。どうやってリブリーザーをモニターさせたらいいのでしょうか?リブリーザーダイビングに必要な繊細で細やかな事柄をどうやって認識させればいいのでしょう。”これはおかしい “と ガスを注入したほうがいい” モニターを見るだけでなく、どうすればその感覚を取り戻させることができるのか。そこが心配です。

リブリーザーが正しく作動しているかどうか、どうやって知ることができるのでしょうか?
メーカーは、安全性の共通項を作ろうと、できる限りの努力をすると思うんです。メーカーを正直にさせる最大のポイントは、私たち業界人にとっては好ましくないことですが、この特殊な用途においては、良いことかもしれません。それは、「ライアビリティ(責任)」と呼ばれるものです。ナイトロックス・ダイビングのようなものです。もし、私たちが始めた頃にたくさんの悪い事故があったら、おそらく今の私たちは存在しなかったでしょう。リブリーザーも同じだと思うんです。リブリーザーも同じで、1年や2年で完璧な運用ができるわけではありません。そこがまた心配です。

ケースから出してすぐに完璧な性能を発揮しなければならないのでしょうか?
リブリーザーで命を落とす者が出るかもしれないんですよ。悲しいのは、そうなった場合、ほとんどの場合、リブリーザーのせいにはならないかもしれませんが、ほとんどの場合そうではないでしょう。人為的なミスですが、リブリーザーが非難されるでしょう。その人がパニックになり、水面に吹き上がりエアエンボ(動脈ガス塞栓)したとしても、リブリーザーの事故として報告されるでしょう。2年後、非難が一掃されたとき、リブリーザーの無実が証明されるかもしれませんが、その間に業界全体が死んでいるかもしれません。
興味深いことに、リブリーザーがより簡単になることの1つは、その問題の多くがすでにナイトロックスによって解決されていることです。人々はナイトロックスを使うことに慣れたので、リブリーザーについて考えるのは簡単なことです。

来年(1996年)の個人的なダイビングの目標は何ですか?
Larry Greenと一緒にEagle’s Nestでもっと探検したいです。Jim Bowdenと一緒に彼のホール(Zacaton計画、aquaCORPS, N11参照)を見てみたいですね。あの洞窟を探検しようと決意している人物を、私は大いに尊敬している[Zacatonは1000フィート以上の深さがある]。
ガスの持続時間、HPNSのリスク、バッファとして使う窒素の量、減圧時にガスを切り替える際に深さでヒットする可能性をどう扱うか、また、ほとんどの人が考えないようないくつかの事柄について、Jim Bowdenと私は今朝電話で1時間話をしました。また、ほとんどの人が考えないような、極端な脱水の問題や、深刻な熱損失の問題にも対処しなければなりません。また、減圧ベルを使っても補給できるほどの水分を飲むことはできないので、浅い減圧停止では点滴をしながら減圧ベルに入るという話もあります。

人が考えないような複雑なことがたくさんあり、そのようなダイビングをするためには、ものすごい犠牲を払う覚悟が必要なんだ。私は、理屈抜きで限界に挑む人を尊敬しています。理屈抜きで限界に挑まなければ、自動車はおろか、車輪も存在しないでしょう。あなたは限界に挑戦してきました。

私はかつて探検家だったんです。限界に挑戦して、また初心に返って、行って。誰でも、限界にいる時間は限られていて、そこから引き返す勇気がなければ、また戻ることはできないのです。

Read More TDI Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最近のコメント

    この記事も読まれています。

    Generated by Feedzy